アヘ顔をするということ

最近勉強時間もどってきた

昨日久しぶりに8時間越えたし

フレッシュマンの位相群ゼミ今日からはじまった

1年生に向けてゼミするのくっそむずかしそう

軽音サーはいるかも

今日は炎髪灼眼っぽい名前の方行って、月曜にフュージョンの方いくかも

数学関係ないけど、今日行ったほうはLed Zeppelinやろうってさっそく誘われたから入りそうだし、月曜行くほうはメタラー多いみたいだし、わりといい感じ

生協の家庭教師も時給3000円みたいだし、これはじめられれば人生なんの苦もなくなる本物の勝ち組になれる

お金気にせずアヘりまくれる

 

 

小木曽テキトーに読んだ

代数幾何のためになったかといわれたら正直ノー

まあでも因子とか因子に付随する層とかいう概念知れただけでもよかったのかも

直感的な意味は全く知らんけど、これとRiemann-Rochのおかげで関数のことわりとわかるようになるってとこまではわかったかも

でもはいってる位相がZariski位相じゃない普通のC2からの誘導位相だしいまいちわからん

 

んでLiuの3章に戻った

ほんとなんでかは知らんけど、単に間あけるだけでわからなかったところもわかるようになるな

firbered積の存在性とかめっちゃ速攻理解できたしいい感じ

しかもめちゃくちゃ応用できそうなにおいがぷんぷんし始めて代数幾何わりと楽しくなってきた

これ終わったらそのままLiu4章進みそうだなあ

Neukrichはわからなかったからやめたんじゃなくて、応用が見えなすぎて苦痛でやめたわけだから、いくら間空けても理解できるようにはならなさそうだし

このままこいつ進めながらたまに他のそこまで難しくない本やって、今年中くらいに最後まで終わればいいなあ

そしたら数論幾何に入門しよう